ドッグフード 口コミ

安全なドッグフードとは?

 

『自分の愛犬に一体どんなドッグフードを食べさせたら良いか』という疑問は
きっと犬を飼ったことがある人は誰しも考えたことがあるのではないでしょうか。
動物病院でも、よく質問を受ける話題です。

 

2009年にペットフードの安全基準に関する規制をした、通称ペットフード安全法が受理されました。

 

しかし、いざ『安全なペットフード』についてネットで検索をすると、この法律はザル法で原材料については義務づけられてはいるものの、原材料の添加物に関する制限はないというものです。

 

また、レンダリングされた後の肉や防腐剤についての規制はないということも話題になっているようです。

 

中には明記されている商品もあるようですが、これらの原材料に関することや、含まれる添加物等については
ドッグフード会社に問い合わせる他ない思われます。

 

では、パッケージに表示されている内容で、安全なドッグフードを判断する方法はないのでしょうか。

総合栄養食を選ぶ

まず、ペットフード取引公正委員会により総合栄養食と明記されているものを選ぶことが大事です。
基本的にパッケージに記載があります。

 

総合栄養食とは、ドッグフードと水のみで栄養のバランスを十分に取ることができる食事です。
ホームセンターへ行けばドッグフード以外にもおやつやサプリメントなどが沢山販売されていますが、
基本的には総合栄養食のみを食べていれば十分なのです。

 

それだけでなく、よく目にする犬用のおやつには嗜好性を高めるために『塩分や脂肪分』が多量に含まれています。
人間と犬の代謝は全く違うので、塩分は最低限しか必要ありません。

 

犬にとっての嗜好性は上がるかもしれませんが、結果として心臓病・腎臓病などのリスクが上がってしまうのです。
良かれと思ってあげたものが、将来の病気の原因になってしまっては困ります。
正確に言うと、人間の食事もしっかり味がついているので犬にはよくありません。

 

AAFCO基準を満たしているものを選ぶ

その他には、AAFCOの基準を満たしているものを選ぶことも重要です。
こちらもパッケージに記載があります。

 

手作り食は注意が必要!

AAFCO基準は、米国の定めに基づいているものなので、心配に思われる方も多いかもしれません。でも、そこで完全に手作り食を作ろうと決断されるのは、あまりお薦めできません。

 

添加物等に関しては、安心はできるかもしれませんが、犬にとって良い栄養バランスのものか分からないためです。

 

一時のものであれば健康に問題を与えることもないかもしれませんが、
その生活を継続することで皮膚病や他にも内臓の病気を起こしてしまう原因になる可能性があるのです。

 

人間の安全基準とはかけ離れたものを愛犬に与えるのはとても憚られますが、
人間と同じものを与えてもいけません。

 

こういった理由を元に、自分の愛犬には何を与えるか考えていただくのが良いかと思います。

 

また、最近はとても肥満傾向のペットが多いです。
適切な年齢のステージの食事を、適切な量与えることが愛犬の健康の一番の近道であり、病気の予防にもつながると思います。

 

かかりつけの信頼できる獣医さんを持ち、気軽に相談してみましょう。

 

無添加・安全性で評価の高いドッグフードの食べ比べ!

NDFナチュラルドッグフードカナガンドッグフードFINEPET’Sドッグフード
犬猫自然食本舗のマザープラスドッグフードを食べ比べてみましたが、
甲乙つけがたく、どのフードもこだわって作られている高品質のドッグフードでした。

 

それぞれの原材料、形状、栄養素やカロリー、食いつきから総合して比較する事にしました。

 

ドッグフード食いつき比較

それぞれを別に食べた時はどのドッグフードも良く食べたのですが、4つ並べてみたらどうなのでしょう。

 

左からNDFナチュラルドッグフード、カナガンドッグフード、FINEPET’Sドッグフード、マザープラスドッグフードです。

 

今日はいったい何をするの?後で食べさせてくれるんだよね?というような目で見ています。
ちょっと待っててね。
その前に原材料やカロリー、形状などで比較してみましょう。

 

それぞれこだわりの原材料でたんぱく質たっぷり

原材料で比較した結果は1位がカナガンドッグフード。
理由はチキンを51%使用ともっとも肉類の割合が多かったため。

 

2位はNDFナチュラルドッグフード。ラム肉44%使用。
FINEPET’Sドッグフードとマザープラスドッグフードは原料の%が表示されてなかったのですが、
国産原料ということでマザープラスドッグフードが3位、FINEPET’Sドッグフードを4位にしました。

 

カナガンドッグフード チキン51%使用
NDFナチュラルドッグフード ラム肉44%使用
マザープラスドッグフード 国産の原材料
FINEPET’Sドッグフード オーストラリア産ラム肉

カナガンドッグフード

カナガンドッグフードはトウモロコシ、小麦、大麦の穀類を使用せず、
骨抜きチキン生肉と乾燥チキンで50%以上占められています。
特長はカモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリーなどのハーブが使用されていることです。

 

NDFナチュラルドッグフード

NDFナチュラルドッグフードは100%無添加でラム肉を44%使用。
小麦、大豆、とうもろこしなどの穀物や乳製品、牛肉なども使われていません。
特長は亜麻仁、ビール酵母、海藻が使用されています。

 

マザープラスドッグフード

犬猫自然食本舗のマザープラスドッグフードの特長はなんといっても国産の原材料を使用している事です。
試したのがまぐろ味だったので原料はまぐろとにぼしが中心で、ごぼう、にんじん、しいたけ、キャベツ、
もちあわ、もちきび、玄ソバ、高菜、大豆、パセリ、青じそなども使われています。

 

FINEPET’Sドッグフード

FINEPET’Sドッグフードはオーストラリア産のラム肉、鶏肉、
そしてアトランティックサーモンをメインに作られています。

 

ビフィズス菌などのプロバイオティクス、Lカルニチン、コンドロイチン、タイム、
桂皮、アニス、カモマイル、ホースラディッシュ、ジュニパー、生姜などが使用されているのが特長でしょうか。
添加のビタミン類も多いです。

 

意外と違う、栄養素やカロリーから比較

各成分分析値から主にたんぱく質、脂質、繊維質、カロリーで比べてみましょう。

 

カナガンドッグフード たんぱく質と脂質が高い
NDFナチュラルドッグフード バランスが取れている
FINEPET’Sドッグフード カロリーが高め
マザープラスドッグフード たんぱく質、繊維質が低い

 

カナガンドッグフード

カナガンドッグフードはたんぱく質33%、脂質17%、繊維質3.5%、
エネルギー(100gあたり)約361kcalとたんぱく質と脂質が高いです。
我が家の犬のように運動量の多い犬にはいいですが、運動量の少ない犬やシニア犬は太ってしまうかも。

 

NDFナチュラルドッグフード

NDFナチュラルドッグフードはたんぱく質が31.3%、脂質12.1%、繊維質 3.3%、
エネルギー(100gあたり)334kcalとたんぱく質が高く、やや繊維質とカロリーが低めです。
とてもバランスが取れてるようです。

 

FINEPET’Sドッグフード

FINEPET’Sドッグフードたんぱく質26%以上、脂質16%以上、繊維質5%以下、
エネルギー(100gあたり)440kcalと普通のドッグフードの割合に近いですが、カロリーが高めです。

 

マザープラスドッグフード

マザープラスドッグフードはたんぱく質21.6%以上、脂質9.9%以上、繊維質 0.5%以下、
エネルギー(100gあたり)391kcalとたんぱく質が低めで繊維質もとても低いです。

 

ドッグフードの形状や大きさ比較

カナガンドッグフード ドーナッツ状
NDFナチュラルドッグフード ドーナッツ状
FINEPET’Sドッグフード 大粒と小粒が選べる
マザープラスドッグフード 小さくて四角い

 

フードを見比べてみましょう。

 

NDFナチュラルドッグフードはちょっと緑がかっていて形はドーナッツ状。
カナガンドッグフードは普通のドッグフードの色で形はドーナッツ状。
FINEPET’Sドッグフード色はやや薄めの円筒状で、昔からのドッグフードの形です。
マザープラスドッグフードは色が薄くて四角い形。

 

粒だけで見比べてみましょう。

 

大きさはほとんど同じで1センチ位ですが、マザープラスドッグフードのものが少し小さめで角があるせいか、
食べている時はポリポリと音がよく噛んでいたのですが、ポロポロこぼしていたので、
大型犬には適さないかもしれません。
やはりドーナッツ状が食べやすいようです。

 

食いつき合戦!どれが一番先に食べるのか?

 

カナガンドッグフード
FINEPET’Sドッグフード
NDFナチュラルドッグフード
マザープラスドッグフード 小さくて四角い

 

さてさてお待たせしました。
ずっとマテしてたんだもんね。

 

ヨシというと、真っ先にカナガンドッグフードを食べました。
人間にはマザープラスのまぐろ味以外の匂いの違いはそれほどないのですが、犬には違うのかもしれません。
それとも味を覚えていたのでしょうか。

 

まだカナガンドッグフードが残っていますが、その次にパクついたのがFINEPET’Sドッグフードです。

 

こちらもチキンがベースなので鶏肉が好みなのかもしれません。

 

その後は迷ってからNDFナチュラルドッグフードをひとくち食べて、マザープラスドッグフードを食べ、
また戻りと食べ散らしていました。

 

総合して比較した結果、我が家の犬にはカナガンドッグフードが1番

 

 

原材料が51%もチキンが使われている事、たんぱく質や脂質が高く、
我が家の犬の様な運動量の多い犬には最適な事、ドーナッツ状という食べやすい形状、
そして肝心の食いつきから、我が家の犬にはカナガンドッグフードが一番いいという結果になりました。

 

ワンちゃんにとって良い食事とは

ワンちゃんに必要な栄養素は、人間が必要とする栄養と多くの点で異なります。

 

ワンちゃんが必要とするタンパク質量は、人間の約2倍だと言われています。
また人間にとっては栄養価の高い食べ物でも、ワンちゃんにとっては害になる場合もあります。

 

栄養のバランスが崩れることで、皮膚トラブルが起きてしまったり、寿命を縮める事もあります。

 

では、ワンちゃんにとって良い食事とはどのような食事なのでしょうか?

 

必要な栄養素とは

動物に必要な栄養素は6つです。

  1. タンパク質
  2. 炭水化物
  3. 脂肪
  4. ビタミン
  5. ミネラル

以上の栄養素が、その動物にとってバランスよく含まれていることが良い食事と言えるのではないでしょうか?

 

ヒト、犬、猫で必要とする栄養素の割合はどのように違うのでしょうか?
「タンパク質」「炭水化物」「脂肪」で比較してみましょう。

 

  タンパク質 炭水化物 脂肪
18% 68% 14%
25% 60% 15%
35% 45% 20%

 

ヒトと犬は脂肪の要求量はほぼ変わりませんが、
タンパク質については1.4倍ほどヒトより必要とし、炭水化物はヒトの90%を必要とします。

 

犬の組織の60〜70%は水です。体の水分が10%失われると健康が脅かされ、それ以上喪失すると命にかかわります。
この水は様々な役割を持っています。

  • 消化活動
  • 栄養素の運搬、吸収作用
  • 体温調節作用
  • 老廃物の排泄作用

などです。


 

タンパク質

タンパク質は全ての組織・細胞の基本構成成分で、動物の体の約20%を占めています。

 

食事に含まれているタンパク質は消化酵素によりいったんアミノ酸に分解され、肝臓に運ばれたのち
体にとって必要なタンパク質に合成されます。

 

タンパク質は体を皮膚や被毛、筋肉を構成するだけでなく他にもたくさんの働きがあります。

  • 体を構成する(皮膚、被毛、筋肉、コラーゲンなど)
  • ホルモン
  • 抗体などの免疫機能
  • 消化酵素

タンパク質が不足するとこのような働きが低下します。

 

アミノ酸の中には体の中で合成できない必須アミノ酸と呼ばれるものが10種類あります。
これは、食事から摂るしかありません。

 

不足すると、体に必要なタンパク質の合成が困難になり、体調に異変をきたす恐れもあります。
タンパク質の少ない野菜や穀類中心の食事にすると必須アミノ酸の欠如も起こりますので、
バランスがとれた食事を心がけてください。


 

脂質

太りやすいとの理由で敬遠されることが多い脂肪ですが、重要な役割を持っています。

  • エネルギー源
  • 脂溶性ビタミン(ビタミンA、D、E、K)の吸収
  • 様々な組織やホルモンの構成成分
  • 体温調節

 

体内で合成できず、必ず食事から摂取しないといけない脂肪酸を「必須脂肪酸」と言いいます。
犬にとってはリノール酸が必須脂肪酸です。

 

ただし、リノール酸(n-6)は炎症性が高いため痒みや発赤の原因になることもあります。
この炎症を抑える作用があるのはα-リノレン酸(n-3)です。
n-6、n-3は脂肪酸の種類ですが、バランス良くとることが大事でn-6:n-3=5:1〜10:1と言われています。


 

炭水化物

炭水化物はエネルギー源になる「糖質」と、腸内環境にとって重要な「繊維質」から構成されます。
犬は元来雑食で多くの種類の食べ物を食べて生活しています。

 

穀類の消化は苦手なので多給はお勧めできませんが、炭水化物が不足すると筋肉中のタンパク質が分解され
エネルギーとして利用されてしまうので、必要量の摂取は大切です。


 

ビタミン

ビタミンは代謝や発育を調節する、有機化合物です。水溶性ビタミン(C、B群)と脂溶性(A、D、E、K)があり、
水溶性は過剰摂取しても排泄されますが、脂溶性は排泄されず体内に蓄積されるので過剰摂取に気をつける必要があります。

 

また、犬はビタミンC、K以外のビタミンは体内合成ができず、食事中からの摂取が必要です。
総合栄養食と記載されたバランスのとれたフードを食べビタミン不足にならないように気をつける必要があります。

 

サプリメントを使用する際は総合栄養食にも十分なビタミンがバランスよく含まれていますので、
過剰摂取にならないように十分気をつける必要があります。


 

ミネラル

ミネラルは無機化合物で、カルシウムやリン、カリウムなどです。
食事から摂取する必要がありますが、総合栄養食と言われるドッグフードを食べている場合は欠乏症は稀です。


 

ワンちゃんにとって良い食事を考えるときに、ヒトと何が違うのか?何を必要としているのか?を考えることが大切です。

 

ペットフードの栄養基準の目安としてAAFCO(米国飼料検査官協会)があります。
フードの成分表示や、栄養基準などを定めています。
フードを選ぶときにAAFCOの栄養基準を採用しているフードを選択の基準の一つにすることもよいと思います。